ブロムワレリル尿素

2014.01.31

ブロムワレリル尿素 はコメントを受け付けていません。

ブロムワレリル尿素の構造式IUPAC名 (RS)-1-(2-bromo-3-methylbutyryl)urea分子式 C6H11BrN2O2分子量 223.07CAS登録番号 [496-67-3]形状 無色又は白色の結晶又は結晶性の粉末融…

詳細を見る

ロルメタゼパム

2014.01.31

ロルメタゼパム はコメントを受け付けていません。

ロルメタゼパム(lormetazepam、商品名エバミール・ロラメット)はベンゾジアゼピン系の睡眠薬のひとつ。*化学名:9-chloro-6-(2-chlorophenyl)-4-hydroxy-2-methyl-2,5-diazabicy…

詳細を見る

ゾピクロン

2014.01.26

ゾピクロン はコメントを受け付けていません。

ゾピクロン(zopiclone、商品名:アモバン®など)は非ベンゾジアゼピン系、超短時間作用型の睡眠導入剤。アメリカのセプラコー社が開発した。GABA受容体に作用し効果を示す。1989年6月より販売。ゾピクロンは後発医薬品が存在し、安価に入…

詳細を見る

メラトニンと昼夜逆転現象

2014.01.26

メラトニンと昼夜逆転現象 はコメントを受け付けていません。

メラトニンは主に松果体で産出され、夜間の分泌量が昼間より圧倒的に多く、ヒトの概日リズムや睡眠周期、いわゆる「生体時計」を司っていると言われ、時差ボケの予防薬として使われることがあります。またそれ自体にフリーラジカルのスカベンジ能力(抗酸化作…

詳細を見る

メラトニン原料と狂牛

2014.01.22

メラトニン原料と狂牛 はコメントを受け付けていません。

出所:厚生省大臣官房厚生科学課 1 背景   メラトニン製剤は、我が国では医薬品に区分されているが、現在までのところ、その有効性及び安全性について科学的な資料を整えた上で、薬事法に基づく 製造又は輸入の承認の申請を行なった者はいない。この…

詳細を見る

2014.01.21

コメントを受け付けていません。

店舗名 特徴 形状 含有量 内容量 1粒あたりの価格 ※送料も含む 販売価格 (1瓶あたり) 送料 店舗概要 運営会社 詳細  おすすめの店舗!ドクターズサプリ直販市場 医師向けに製造されたメラトニンで、品質・安全…

詳細を見る

メラトニンとセロトニン

2014.01.13

メラトニンとセロトニン はコメントを受け付けていません。

■メラトニンとセロトニンメラトニンは脳のほぼ真ん中にある『松果体』と呼ばれる、松かさに似た、トウモロコシ1粒くらいの大きさの器官から放出されるホルモンです。この物質がメラニン色素の量を変えることから「メラ」、そしてセロトニンから作られるから…

詳細を見る

夜間摂食症候群

タイトル医学科学生における食生活の実態と 夜間摂食症候群概要て内分泌学的特徴として夜間血清メラトニン・レプチン. 値の低下を特徴とする病態である。 ... 生活を送ることにより,夜間の血清メラトニンとレプチン濃度の低下,インスリン過剰分泌と…

詳細を見る

メラトニンと生理作用

タイトルメラトニンの生理作用、内分泌への影 について I. メラトニンの生理作用概要メラトニン投与による内分泌(特に下垂体ホルモン分泌)への影響があり,メラトニンリズ.ムを介して生体リズムがコントロールされていることがわかってき...延症候…

詳細を見る

メラトニンの歴史

アメリカ合衆国のイェール大学病院皮膚科の医師アーロン・ラーナーは皮膚の色を濃くするホルモン(メラミン細胞刺激ホルモン)を発見した後、今度は反対に皮膚を白くするホルモンを研究している途上で、牛の松果体というところであるホルモン(メラトニン)が…

詳細を見る