メラトニン分泌自己増加法

人間のカラダにとても有効な成分であるメラトニン。このメラトニンを上手にコントロールして活用したいものです。 最近では、メラトニンのサプリメントも存在していますが、本来は体内で作られるホルモンであるため、出来る限りサプリメントを使用せずに、自…

詳細を見る

メラトニンの分泌

メラトニンの分泌は日中は少なく、夕方より増加し、真夜中にピークを迎えます。これは生体を取り巻く環境の明り(3,000ルクス以上)に網膜を介して松 果体が反応してメラトニン産生し、暗くなるとメラトニンを分泌するのですが、メラトニンは生体の時を…

詳細を見る

メラトニンとは

「メラトニン」は1958年に初めて発見され、眠りを誘うホルモンとしてよく知られています。メラトニンは脈拍、体温、血圧を低下させることによって睡眠と覚醒のリズムを上手に調整し、自然な眠りを誘う作用があります。時差ぼけ防止にも効果があり、実際に…

詳細を見る

2015.01.21

コメントを受け付けていません。

昼間の眠気がとめられない 不眠症より怖い!? 過眠症

2014.09.04

昼間の眠気がとめられない 不眠症より怖い!? 過眠症 はコメントを受け付けていません。

ちょいメタボのEさん(46歳)は宵っ張りの朝寝坊。仕事中、急に眠くなることもある。単なる寝不足と考えていたのだが、ある日、居眠り運転で事故を起こしてしまった。同乗していた妻から睡眠外来を受診しなければ離婚だと脅されている──。 睡眠障害とい…

詳細を見る

不眠症の男性は早死にしやすい?

2014.09.04

不眠症の男性は早死にしやすい? はコメントを受け付けていません。

あなたは寝つきが悪くないだろうか。不眠症の人が聞いたら余計に眠れなくなりそうな研究結果が明らかになった。慢性的な不眠症で1晩の睡眠時間が6時間未満の男性は、毎日6時間以上眠る男性よりも早期に死亡するリスクが高いという。 不眠症は最も一般的な…

詳細を見る

メラトニンと睡眠

2014.09.04

メラトニンと睡眠 はコメントを受け付けていません。

眠気は、大脳の神経伝達物質やホルモンが長時間活動して蓄積される睡眠物質や体に蓄積された疲労物質による、休息のサインです。睡眠が得られると、脳内や体にたまった睡眠物質や疲労物質も分解、排出され再び活発に活動できるようになります。睡眠には、レム…

詳細を見る

メラトニンと牛乳

2014.09.04

メラトニンと牛乳 はコメントを受け付けていません。

メラトニンの原料は、食事で摂取されるトリプトファンです。トリプトファンとは、牛乳から発見された必須アミノ酸の一種で、人間の身体にとって、非常に大切なアミノ酸のひとつです。トリプトファンを含む食品としては、チーズやバターやマーガリン、ヨーグル…

詳細を見る

メラトニンの抗癌作用

2014.09.03

メラトニンの抗癌作用 はコメントを受け付けていません。

メラトニンは、抗癌剤治療や放射線治療の副作用を軽減し、生存率を高める効果が報告されています。免疫療法と併用して免疫増強効果を高める効果や、手術後の創傷治癒を促進する効果、癌性悪液質の緩和など末期癌における有効性も報告されています。その有効性…

詳細を見る

メラトニンとがん治療

2014.01.31

メラトニンとがん治療 はコメントを受け付けていません。

「抗酸化サプリはがん治療を妨げるので避けるべき」― そういう報告が出て米国で波紋を呼んでいる、という記事を日本の健康食品業界の速報の中に見つけました。つい先週のことです。 すぐに購読しているいくつかの米国の業界ニュースをさかのぼってチェック…

詳細を見る