カテゴリー:メラトニンと昼夜逆転現象

メラトニンと昼夜逆転現象

2014.01.26

メラトニンと昼夜逆転現象 はコメントを受け付けていません。

メラトニンは主に松果体で産出され、夜間の分泌量が昼間より圧倒的に多く、ヒトの概日リズムや睡眠周期、いわゆる「生体時計」を司っていると言われ、時差ボケの予防薬として使われることがあります。またそれ自体にフリーラジカルのスカベンジ能力(抗酸化作…

詳細を見る