• このエントリーをはてなブックマークに追加

ゾピクロン

2014.01.26

ゾピクロン はコメントを受け付けていません。

ゾピクロン(zopiclone、商品名:アモバン®など)は非ベンゾジアゼピン系、超短時間作用型の睡眠導入剤。アメリカのセプラコー社が開発した。GABA受容体に作用し効果を示す。1989年6月より販売。

ゾピクロンは後発医薬品が存在し、安価に入手できる場合がある。
用法

    * 不眠症

    成人1回につき7.5mgから10mgを就寝前に服用する。年齢・症状により増減するが、10mgを超えないこと。

    * 麻酔前投薬

    成人1回につき7.5mgから10mgを就寝前または手術前に服用する。年齢・症状により増減するが、10mgを超えないこと。

副作用

副作用として、依存性、呼吸抑制、一過性前向性健忘、口渇、めまい、ふらつきなどがある。また口の中に苦味を感じるようになるため、苦味が酷い場合はうがいを行うと良い。
商品名

    * アモバン®(先発品)
    * アモバンテス®
    * アントマイリン®
    * スローハイム®
    * ゾピクール®
    * ゾピコン®
    * ゾピバン®
    * ドパリール®
    * メトローム®

関連記事

コメントは利用できません。