• このエントリーをはてなブックマークに追加

トリアゾラム

トリアゾラム (Triazolam) は第3種向精神薬であり、商品名ハルシオン (Halcion®) としてファイザー(開発は米国アップジョン社。その後、合併・買収を経て2003年より)から発売されている超短期作用型ベンゾジアゼピン系睡眠薬である。商品名の「ハルシオン」はギリシャ神話に登場する風波を静めるという伝説の鳥、Halcyonに由来する。

作用機序
最高血中濃度到達時間は約1時間、半減期は約2.9時間、作用時間は約2時間である、超短期作用型の睡眠薬である。ベンゾジアゼピン系薬物の一般的機序は、GABA受容体のサブタイプのω1受容体に作用することで、Clチャネルを開口させることでClの透過性を亢進させ、過分極を発生させることで、活動電位の発生を抑制することにより、催眠作用を発現する。

肝臓のCYP3A4という酵素で代謝されるため、この酵素を阻害する薬物やアルコールとの併用で、薬物の作用が高まる可能性があるので注意する必要がある。

副作用

この薬の服用により、めまい・ふらつきが起きる事が有るので、原則として就寝直前に服用するよう処方される。服用後の活動は、事故の原因となるので避ける必要がある。また、極稀であるが、夢遊病(意識のないまま、車を運転する、食事を取る、活動するなど)のような症状を起こすこともあるとされている。

副作用として最も多いものに、一過性前向性健忘、抗コリン作用、持ち越しがあるとされている。 また、大量服用により、呼吸抑制を起こすことがある。

用量・用法
通常成人1日 0.125mg〜0.25mg を就寝前に経口投与する。また高度な不眠症の場合 0.5mg を投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。 緑内障の者や気管支喘息などで呼吸機能が低下している者は投与してはならない。また、他の中枢神経抑制作用のある薬やアルコール、バルビツール酸誘導体などの強い影響下にある者への投与は禁止されている。 不眠症の他、麻酔前や手術前にも使用される。

臨床では、高度の不眠症の高齢者では1回服用量 0.25 mg までという制限があり、高度な健常人の不眠症では1回服用量 0.5 mg までという制限がある。トリアゾラムの発売当初、アメリカでは 1 mg 錠も存在したが、様々な問題があり姿を消した。この制限量を越えて長期連用すると、精神依存を起こすことに加え、耐性が生じやすくなるので、注意しなければならない。

ドラッグとしての用法

娯楽目的で服用する者もいるが、麻薬や他の一部の向精神薬のような多幸感はなく、サイケデリックな夢を見るわけでもない。生じるのは酒に酔ったような酩酊感である。それに加え、健忘により思わぬことを引き起こす可能性があるため、注意が必要である。

種類
日本で処方されるハルシオン®0.25mgの錠剤
    * 錠剤:0.125mg, 0.25mg

錠剤はSP包装に入っており、0.125 mg の規格と 0.25 mg の規格がある。 0.125 mg の錠剤は薄紫(0.25mgより薄い青色のため薄紫)であり、0.25 mg の錠剤は青色である。

商品名
トリアゾラムは先発品としてのハルシオンのほか、後発医薬品も出ている。
    * ハルシオン(先発医薬品・ファイザー)
    * ミンザイン(日医工)
    * ハルラック(富士薬品)
    * パルレオン(大洋薬品)
    * アサシオン(長生堂製薬)
    * カムリトン(寿製薬)

関連記事

コメントは利用できません。