• このエントリーをはてなブックマークに追加

メラトニンの臨床試験

不眠症に対する臨床試験では、被験者の睡眠の質、睡眠導入、睡眠時間の改善があったと報告されています。国立精神・神経センターの試験を例に取ると、睡眠
時後退症候群の患者にメラトニンを1mgの投与で症状の改善が見られたそうです。2003年に行われた日本医科大学の試験によると、アルツハイマー病患者
にメラトニン3mgの投与で睡眠から覚醒リズムの改善が見られたそうです。

コメントは利用できません。