• このエントリーをはてなブックマークに追加

メラトニンの構造

メラトニンとは、脳の中心にある松果体という場所から分泌されるホルモンのこと。アミノ酸の一種
であるトリプトファンからセロトニンを経て、夜、暗くなると分泌をはじめます。このメラトニンの分泌は、24時間周期で変動していて、目に入ってくる光と
深い関わりがあります。昼間、まぶしいくらいに光が入ってくるときは、血中のメラトニン量は少なく、弱くなると高い数値を示します。時間で言うと、夕方に
なるとメラトニン量は増え始め、午前2時から3時くらいがピークになり、その後朝7時~9時頃を目指してその量は急激に減少し、分解されます。

このメラトニンは、睡眠と密接な関係があると言われています。では、メラトニンと睡眠には、一体どのような関わりがあるのでしょうか。

 

コメントは利用できません。