• このエントリーをはてなブックマークに追加

メラトニンの分泌

メラトニンの分泌は日中は少なく、夕方より増加し、真夜中にピークを迎えます。これは生体を取り巻く環境の明り(3,000ルクス以上)に網膜を介して松
果体が反応してメラトニン産生し、暗くなるとメラトニンを分泌するのですが、メラトニンは生体の時を刻む時計、いわゆる体内時計の体の1日の周期
(Circadian
Rhythm:日内変動)を調節してる要素の一つなのです。しかし、思春期を過ぎた頃からメラトニンの分泌量は加齢と共に減少し、早朝覚醒や中途覚醒など
睡眠の質の低下を認めるようになります。さらに免疫能の低下、肉体的加齢の促進を引き起こすとされています

コメントは利用できません。