質問掲示板

2015.12.30

16件

あなたの質問を本サイトの管理者がおこたえします。 …

詳細を見る

概日リズム(がいにちりずむ)生物は約1日(24~25時間)ごとの周期で繰り返される生物学的リズム(体内時計)を持っている。そのリズムを概日リズムという。一定の時刻がくると自然に眠くなり、一定時間眠ると自然に目が覚めるという睡眠-覚醒のサイク…

詳細を見る

2015.12.31

コメントを受け付けていません。

アクチグラフ(あくちぐらふ)圧センサーを用いて加速度圧を計測することにより、活動量を連続して測定する方法。簡易的に睡眠・覚醒リズムを調べることが出来る概日リズム(がいにちりずむ)生物は約1日(24~25時間)ごとの周期で繰り返される生物学的…

詳細を見る

何でも掲示板

メラトニンに関することなら何でも投稿OK。 …

詳細を見る

使用経験の報告

睡眠誘導の目的でメラトニンを使用してみました。服用量は3mgで、指示のとおり就眠前30分に服用しました。その結果睡眠を誘導する効果は充分で、中途 覚醒、早朝覚醒は認めませんでした。また初回使用時のみ軽い頭痛を認めましたが、その後は出現してい…

詳細を見る

メラトニンの構造

メラトニンとは、脳の中心にある松果体という場所から分泌されるホルモンのこと。アミノ酸の一種 であるトリプトファンからセロトニンを経て、夜、暗くなると分泌をはじめます。このメラトニンの分泌は、24時間周期で変動していて、目に入ってくる光と 深…

詳細を見る

メラトニンの服用法

通常就眠前30分に1~10mgの服用とされています。抗腫瘍効果を目的とした場合の投与量はに20mg/日としている文献が多いようです。 …

詳細を見る

メラトニンの効果

■睡眠メラトニンは睡眠を促すのみならず、体内時計のリセットを行う事が知られています。時差ぼけに有効なのは短に睡眠を誘導すのみならず、生体の日内変動をリセットすることにより移動先の時間に体内時計が適合するようになるからです。■老化の防止メラト…

詳細を見る

メラトニンの臨床試験

不眠症に対する臨床試験では、被験者の睡眠の質、睡眠導入、睡眠時間の改善があったと報告されています。国立精神・神経センターの試験を例に取ると、睡眠 時後退症候群の患者にメラトニンを1mgの投与で症状の改善が見られたそうです。2003年に行われ…

詳細を見る

メラトニンの副作用

臨床試験では頭痛、抑鬱、頻脈の報告がありますが、いずれも稀であり、数百mgのメラトニンを投与した場合でも副作用は認められず、、安全性は非常に高い と考えられています。自殺目的で大量のメラトニンを服用した症例の報告では、服用後の全身状態は非常…

詳細を見る